ホームページ5年ぶりリニューアルいたしました。
0

    2016.9ニュースレター

    というお知らせを常連さんの方にお送りしています。ほぼ毎日更新しておりますが、

    アクセス数伸びず、売上件数もリニューアル前の方がよかったかも。

    当店の買物カゴを長年レンタルしている喜信堂さんの坂本さんよりアドバイスいただきまして、(泣きつきまして)

    サーチエンジンに登録されている古いデザインのページも再度UPして

    メタリフレッシュのタグをつけて新しいページに飛ぶように細工することを教えてもらいました。

    まだできることあった!とりあえず今やれることやって前に進みます。

    | tukinowashop | お店からのお知らせ | 15:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    DM用に描き下ろした漫画です。
    0
      JUGEMテーマ:コスメ

      | tukinowashop | 4コマ漫画 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      女神プロジェクト
      0
        JUGEMテーマ:コスメ

        ハンガリアンウォーターのフライヤーがヒカリ社長から送られてきて、裏面が真っ白なので印刷して配ろうかと思ってDM用に漫画を描き下ろしました。

        タイトル、女神さまプロジェクトでもよかったのですが、元気で美しい女神を量産するという意味でも身近に感じたいのでさまをとりました。

        娘が成人して独立したので、守るべきものもそうないな。次のステージへということで、小さくまとまっていた月のわしょっぷを新たな展開にもっていくべく(実店舗やりたいと思っています近いうちに)今できることをしようということで引き寄せられたのが、ヒカリ社長さんとの出会いと女神プロジェクトなのですよ。

        話がどんどん大きくなって流れていくプロジェクトは今までも経験があります(若かりし頃天使の肌触りシャミナストール事件とかありましたね。)が、とてもワクワクしています。


         
        | tukinowashop | 4コマ漫画 | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        ハンガリアンウォーターの成分(月のわ通信958号よりハンガリアンウォーターその4)
        0
          JUGEMテーマ:コスメ
          前号からの続き。
          美しいハンガリー女性の友人から門外不出のレシピを手に入れたヒカリ社長が生
          み出した若返りの化粧水ハンガリアンウォーター。その成分とは?

          ハンガリアンウォーターのカタログに記載されている成分は

          水、オレンジフラワー水、エタノール、ダマスクバラ花水、ローズマリー油、
          レモン果皮油、オレンジ油、グレープフルーツ種子エキス、ローズマリーエキス、
          グリセリン、BG(ローズマリー抽出液媒)

          化粧品の成分の見方をおさらいしますと初めに来るものが一番含有量が多いので
          す。逆に最後のものが含有量が少ない。製品にもよりますが、初めに来る成分が
          5割〜7割と考えて、最後のほうは1%か1%未満(1%未満の成分は順不同で表示
          できますので大抵保存料が最後来ます。)なんですね。

          お肌によい○○エキスなどの有効成分は多くても数%(1%前後)なのです。自
          分で手作りの化粧品を作って精油を入れる割合を考えたら分かりますね。入れる
          のは数滴ですから。

          ということでハンガリアンウォーター一番多いのが基盤の水(精製水と思われま
          す。)ですが、他の成分を見ると
          お花とハーブとフルーツがたっぷり含まれているのが分かりますでしょうか?

          初めに香りを確かめた時、以前販売していたナチュラルアロマコスメメーカー
          ファファラのホホバネロリシリーズの香りに近いと思いました。

          気になって昔のカタログを引っ張り出してみたら、ファファラのホホバネロリト
          ニックの成分はオレンジフラワー水、水、ハマメリス水、エタノール、ツボクサ
          エキス、グリセリン、ソルビトール、アスパラコブシアルマタエキスですから少
          し似ています。

          ハンガリアンウォーターはファファラのトニックに比べたら香りは控えめ(オレ
          ンジフラワー水より水のほうが含有量が多いからか?)ですが、やはり大好きな
          香りです。オレンジフラワー水の香りだと判明しました。

          そしてエタノールが3番目にありますが、全然アルコールの臭いしません。
          実は似たような成分で比較にあげたファファラのトニックはアルコール入ってい
          る化粧水だなと感じました。
          具体的にはアルコールの臭いがして、すーっとしたつけ心地の後肌が乾燥するよ
          うな感じがするということ。
          このハンガリアンウォーターは乾燥する感じはあまりしません。しっとり肌にし
          みこむ感じです。

          そして特化すべきは保存料。合成保存料入っていません。ローズマリーを抽出す
          るときに使ったBGぐらいで成分の表示だけみてもとても素晴らしいのです。

          ただこういうナチュラル成分のみでシンプルな化粧水は保湿力がイマイチだった
          りしますよね。いわゆる水みたい。と皆さまがいうような化粧水です。

          ただ若返りの化粧水ということで販売している限り、使う前に想像したのは
          保湿力が高いはずだと思いました。だって肌の老化の大敵は乾燥ですから。

          水みたいな化粧品の中ではとてもできが良い(保湿力が高い)と思いますが、
          (もちろんこのヒカ
          リ社長が思いのたけを込めた化粧水は大ヒット商品になっております。)
          さらに組み合わせて使うと保湿力が高まるアイテムがありました。

          それは。。。
          | tukinowashop | ハンガリアンウォーター | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          ハンガリアンウォーター秘伝のレシピ(月のわ通信957号よりハンガリアンウォーターその3)
          0
            JUGEMテーマ:コスメ
            前号からの続き。
            ヨーロッパにはハンガリーウォーターという若返り伝説のお話があり、それをモ
            チーフにしたレシピが沢山存在するということをお話しました。

            ハンガリアンシリーズ開発者のヒカリ社長さんは20代、30代は、
            フランスのパリ、アメリカのサンフランシスコ、ワシントンDCなどで海外生活を
            送り、30代で独立し、グローバルマーケティング会社の女性社長として
            充実した輝かしい人生だったそうなのですが、そのあと
            40代にストレスで20歳も更けてみられるようになり、
            落ち込んでしまって毎日暗い日々を送っていたそうなのです。

            そんなある日、ヒカリ社長に一筋の光が差し込みます。
            家の引越しが決まり、荷物の整理をしていると、
            かつてパリで住んでいた時の友人にもらった、古びたメモが出てきました。

            その友人は当時40代でしたが、20代にしか見えない、
            とても美しいハンガリー人女性でした。

            その彼女がいつも使っていたコスメが、
            彼女の家の代々秘伝というレシピで作られたハンガリアンウォーターだったので
            す。彼女に若さの秘訣を聞いた時に、その伝説を教えてくれ、
            彼女の門外不出の秘伝レシピの成分と配合比率を書いたメモを特別にくれたので
            した。

            すっかり忘れていたこのメモを見て、これだ!と感じ、ヒカリ社長は
            これをコスメにして使いたい気持ちで一杯になりました。

            そしてハンガリアンウォーターの商品化に成功し、若さと元気を取り戻し幸せに
            暮らしましたとさ。ちゃんちゃん。

            ヒカリ社長のお手紙からまとめさせていただきました。
            原文はこちら⇒http://www.jcool.co.jp/link.html

            若い間に海外に行っていた女性社長って多いですね。ちょっとうらやましいです
            が、日本にいると見えないことが海外に行くと見えてくるものがあるのかとおも
            います。行動力が出てきたりね。

            そしてヒカリ社長もシャンブルの社長塩田さんも、バブーのプロデューサー小松
            和子さんも、カリスマ佐伯チズさんも、それから私(リン)も、肌がボロボロに
            なり、生きているのがつらい時期があり、
            そこからスピリチュアルやオーガニック化粧品に出会い、行動し立ちあがってい
            くという経験がありますね。

            肌が回復すると自信が回復し、心も元気になるということは私も体験しています。
            逆にいえば、肌がぼろぼろの時、心も元気ってあり得ないのです。

            ハンガリアンウォーターの成分等については次号へ続く。
            | tukinowashop | ハンガリアンウォーター | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            ハンガリアンウォーターの伝説(月のわ通信956号よりハンガリアンウォーターその2)
            0
              JUGEMテーマ:コスメ
              前号からの続き。
              ere*mariaさんからの紹介でハンガリアンウォーターなるものを知りました。

              なんでもアロマテラピーを勉強した人ならほぼ知っている有名な
              ハンガリーウォーターの伝説というものがあるそうな。

              ちょっとご紹介しますと
              14世紀のハンガリー王妃 エリザベート一世はとても美人でおしゃれ、恋愛な
              どを謳歌していましたが、彼女が70を過ぎたころ、美貌も衰え、元気もなくなっ
              てきました。その彼女に修道尼マリア・クレメンティネが作ったと言われている
              ハーブをアルコールに漬け込んだ水が献上されました。これが世界最古の香水と
              も言われています。王妃はそのハーブの液体を塗ったとも飲んだともいわれてい
              て、その魔法のような水でみるみる元気に美しくなり、若さを取り戻しました。
              すると王妃はなんと70歳を過ぎていたのに、隣国ポーランドの20代半ばの王子
              から求婚されたのです。この話からこの水は”ハンガリアンウォーター”と呼ば
              れ語り継がれています。

              14世紀??ハンガリー??ちょっと待ったー。

              ハンガリーってヨーロッパのどのへんだっけ?と調べたらオーストリアの東側。
              スロバキア、ウクライナ、ルーマニア、クロアチアが近隣だからロシア側なのか
              な。自然に恵まれ。冬は寒いけど比較的穏やかで温泉が有名な国らしい。

              14世紀は日本では鎌倉後期、室町時代というところですね。

              ハンガリアンウォーターを検索すると作り方が沢山でてきます。ローズマリーの
              ハーブをアルコールとともに蒸留した蒸留酒(リキュール)でヨーロッパではそ
              れぞれの家庭で手作りしているところもあるみたい。化粧品というか薬というか。
              日本だと梅酒とかそんな感じなのかな。(個人的に梅が好きなので出てきました。
              梅酒は肌には付けないけどね。なにか他にたとえがあれば教えてください。)

              亡くなった私のメンターが言っていたのですが、彼女が10年近く住んでいたヨー
              ロッパではシンプルなガラスのビンに、オーガニックのお花やハーブの水を詰め
              て路上で販売しているのだそうです。

              ファファラに出会った時もそんなイメージが私の中にフラッシュバックしたので
              すが、このハンガリーウォーターもヨーロッパを思わせる化粧水だと感じました。

              そしてこのハンガリーウォーターはただのハンガリーウォーターじゃないのです。
              あるハンガリー人女性の家に伝わる秘伝のレシピが関わっていたのでした。
               
              | tukinowashop | ハンガリアンウォーター | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - |